ホーム 旅のはじまり 温泉編 旅のはじまり 旅情編 歴史探訪 当店ご案内 特定商取引法表示
旅のはじまり 旅情編

ホーム > 旅のはじまり・旅情編【米代川の鮎】

米代川 鮎 米代川 鮎の宿
の宿 米代川 鮎の宿
▲写真は、「リトル大滝温泉」の部屋からの米代川です。川が一望できます。 鮎
 今回は当店の目の前、米代川の鮎釣りの情報です。

 米代川水系は最近特に鮎釣りのメッカとして人気のスポットとなっています。米代川を始め、支流の大湯川、岩瀬川、早口川、阿仁川など連日太公望たちで賑わっています。首都圏をはじめ全国から多くの鮎釣りファンを迎えていますが、安くて親切な宿泊施設をご紹介します。

 先ずは、友釣りファンの気持ちに近付こうと様々なサービスを工夫されている社長さんの宿、「リトル大滝温泉」。

 米代川の清流が部屋の真下に見え、鮎が銀鱗を光らせて水面に飛び跳ねる姿が見られます。これを見ただけで満足される方も多いとか。ただしここの鮎はなぜか縄張りを持たないのか、釣れない鮎だそうです。

 リトル大滝温泉」は、外も中も鮎釣り一色。玄関前の看板には囮鮎の文字、入り口脇にはその日の川の状況や釣果などを記した「釣情報」が掲げられています。雨で米代川が濁って釣りが出来ないお客さんのために、支流の情報まで書かれているのが泣かせます。

 また館内には真空冷凍できる冷蔵庫があり、釣った鮎を新鮮な状態で持ち帰ることができます。(処理込み200円、自分で処理した場合100円)日の出から釣りたい方のために、朝食も早朝から対応してくれるとのこと(要事前予約)、まさにファンの気持ちを考えたサービスです。

 極め付けは、川の流水をそのまま引き込んだ生簀。社長さん自らお客様から意見を聞いて工夫した結果のもので、水温が同じため囮鮎が元気がよく良い釣果をもたらすと評判のようです。

 川の状態が悪くて釣れない時には、予約したお客様に逆キャンセルするという念の入り用、心底釣りファンを唸らせる宿です。

リトル大滝温泉
〒018-5601 秋田県大館市十二所字町頭55
TEL. 0186-52-3811/FAX.0186-52-3812
1泊2食 6,000円(税別)※年中同一料金、連泊でも同じ。
素泊り 1泊 3,000円(税別)
囮鮎1匹600円、入漁権1,000円(漁協共通)
【休業中】

こちらは、とにかく安く、気兼ねなく宿泊したい方にお勧めの「一陽旅館」。米代川までは歩いてすぐだけあって、鮎のシーズンになると混み合うとのこと。道沿いの看板には一泊5,500円〜と書いているが、実際は下記料金でサービスしているとのこと。早朝の出入りも自由とのことなので、釣りファンにはありがたい旅館です。JR花輪線大滝温泉駅からも徒歩すぐ。

一陽旅館
〒018-5601 秋田県大館市十二所字上川代12-1
TEL. 0186-52-2257
【休業中】
1泊夕食付き 4,000円〜(税込)
素泊り 1泊 3,000円(税込)

最新の米代川情報は国土交通省東北地方整備局能代河川国道事務所のサイトを参照ください。


大滝温泉地図

桧木内の紙風船】【民話の里・鹿角】【リトル大滝温泉
大館アメッコ市】【角館の桜】【米代川の鮎】

※記載内容は平成13年に取材したものです。
最新情報は自治体・各施設等に直接お問い合せください。